arduinoでつくる 低温調理器具 7/全7回

というわけで、低温調理器具が完成しました。これを使っていろいろな食材を調理してみました。

温泉卵

73℃ 30分

黄身はしっかり固まり、白身は半熟で、とてもおいしい温泉卵でした。

 

ローストビーフ

輸入ロース肉カタマリ

  1. 塩胡椒を適量まぶし、1昼夜冷蔵庫で置く
  2. 油を熱したフライパンで、表面を焼く。焼き過ぎに注意
  3. 55℃ 5時間程度

最高でした。

豚肉のコンフィ

豚ヒレ肉カタマリ 約300g

  1. ヒレ肉をジップロックなどの袋に入れる
  2. 塩小さじ2、コショウ、ローリエクローブをまぶし、冷蔵庫で1昼夜置く
  3. 肉が浸るくらいオリーブオイルを加え、空気をできるだけ抜く
  4. 60℃ 8時間程度

鶏胸肉のハム

鶏胸肉 1枚

  1. 鶏胸肉をジップロックなどの袋に入れる
  2. 塩小さじ1、コショウ、オレガノをまぶし、冷蔵庫で1昼夜置く
  3. 57℃ 8時間程度

白米

一定時間経過後に温度を下げるようにプログラムを書き換えれば、自動で蒸らしまでできる炊飯器としても活用できます。

 

つまり、これ1台でローストビーフ丼温玉乗せが食べられるということですね。